リレーコラム

検診しましたか?

毎年春は、幼稚園・学校で健康診断をする事と思います。勿論その中に歯科検診もあると思いますが、このコラムを見ている皆さん(若しくはそのお子さん)の検診は終わったでしょうか?私の診療所にもそろそろ学校からの検診カードを持った患者さんが増えてきました。問題なのは虫歯と指摘されたものの精査の結果大丈夫だったり、健全といわれた歯に虫歯があったりする場合です。保護者の方にしてみれば“どういうこと?”と思われるかもしれません。言い訳に聞こえるかもしれませんが、学校等の検診ではどうしても限界があります。お口の中を診るのに必須とも言える明るい照明も無いことが多くまた、一人にかけられる時間も限られている上に、溝に虫歯があるかどうか、かつては先の尖った器具でガリガリ引っ掻いて判定していたのですが、今は歯に悪いとして、してはいけない行為となっています。どうしても判定が“虫歯の可能性が高い”的なものになってしまいます。
他の科の検診でも引っかかったとしても必ずしも治療が必要とは限らないように歯科でも同じ事が言えます。本音を言えば、治療カードの有無に関わらず、年に一度くらい歯科医院での精査(検診)をお勧めします。

このページの先頭に戻る