リレーコラム

深まる秋

9月までは、高気温の日が続き、患者さんとの挨拶は「今日もまた暑いですね」から始まっていました。しかし、10月になってからは、「朝晩、肌寒くなりなりましたね」や「すっかり秋らしくなりましたね」に変わりました。
秋田の秋は、あっという間に終わってしまいます。
この短い秋の楽しみといえば、美味しい食材が、たくさん出揃うことです。
新米、キノコ、果物、新蕎麦、お漬け物、芋の子、きりたんぽなどなど、気をつけて食事しないとあっという間に、体重が増えてしまうほどです。
そこで、体調管理のためにも運動が必要となります。
私の場合は、ジョギングをしております。競争や、記録を考えずに紅葉を眺めながらゆっくり、自分のペースで楽しんで走ります。
さて、美味しい味覚や、運動を楽しむためにも、お口の健康を整え、短い秋を十分楽しみ、厳しい冬にそなえましょう。

このページの先頭に戻る