リレーコラム

親知らずはなぜ抜くの?

誰にでもある訳ではないですが、親知らずは、真ん中の歯から数えて8番目の歯であります。

この親知らずは、様々なトラブルの原因になるため、抜歯してしまった方がよいことが多いのです。一番奥の歯であるために、不潔になってしまい、虫歯になり、さらには歯周炎の原因になります。また、正常に生えることが珍しく、顎の中に埋もれているか、一部分だけ顔を出しているか、さらに横を向いて生えてくることが多いです。この親知らずの周りに、炎症を起こした際には、軽度であれば、周囲の洗浄と抗生剤によって軽減しますが、後の咽喉まで広がってしまった場合には、口が開かなくなり、食事ができなくなり、体力がなくなり、細菌に対しての抵抗力もなくなり、炎症は一気に咽喉から顎の下にまで波及して、最終的には肺まで広がり命を失うこともあります。このように生え方がおかしく、咬むのに必要なく、悪影響を及ぼすため、抜歯しておくことが望ましいことが多いのです。

では、いつ頃抜歯をするのが望ましいかと言うと、症状がなくても十代から二十代で、仕事、学校の都合を考えて抜歯するのが最も望ましいと思われます。高年齢になると歯と骨が癒着したり、骨の弾力性がなくなり抜歯が困難になってきます。加えて、全身的疾患(高血圧、糖尿病、心筋梗塞・狭心症、腎疾患等)が伴ってきて、簡単には抜歯できなくなってきます。さらに、女性の場合には結婚後、妊娠・出産を経験することが多いわけですが、妊娠中は悪阻のために歯ブラシが疎かになり、咽喉に近い親しらずの清掃は特に不可能になり、むし歯や炎症を起こしやすくもなります。また、無事に出産した後でも授乳期の投薬による乳児への影響も考えなければならないので、妊娠前までに親しらずは抜歯しておくべきと思います。

症状がなくても、トラブルの原因になる親知らずは抵抗はあると思いますが、抜歯しておくことが賢明だと思います。

文:まさ坊

このページの先頭に戻る