リレーコラム

今年も流行ってますね

 今年も早くから、インフルエンザが流行しているようです。

 
 毎年、話題になる事にインフルエンザの予防接種は効くのか否かというものがあります。先日、毎日新聞のサイトに「インフルエンザワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 慶応大など、4727人調査」という記事がありました。インフルエンザワクチンは、6ヶ月から11ヶ月の子供(乳児)にはA型インフルエンザワクチンは効果がないという内容と、13歳から15歳はA型もB型もインフルエンザワクチンは効果がない、という結果しか読み取れないような内容になっています。しかし、実際にこの論文を読んだ人の記事によると、その論文の結論は違う物になるようです。実際、世間では「インフルエンザワクチンを打っても意味がない。」とか「インフルエンザワクチンを打ってもかかる場合があるが症状が軽くなるので打った方が良い」という意見があります。インフルエンザウイルスの遺伝子はとても変異しやすく、新型インフルエンザがよく発生しますので過去のウイルスから作るワクチンが効かないことがあるのは想像できますが。やはり、予防するにはうがい、手洗い、そして、よく休む事でしょうか。
 インフルエンザワクチンに限らず、多種なワクチンがありますが、以前副作用で大問題になった物もありますのでよく検討してから接種を受けられた方が良いかと思います。
 口の中をきれいに清潔に保っていると、インフルエンザにかかりにくいという話を聞いた事がありましたが…

 文:jkomatta

このページの先頭に戻る