リレーコラム

2月というと思い浮かべるのは・・・。

2月は何といっても「バレンタインデー」ですね。

「バレンタインデー」といえばチョコ!

今やハロウインに追い抜かれ、そのうちにイースターにもぬかれるかもしれないですが根強い人気をほこる。

「チョコ」がメインだけに菓子メーカーの売り上げのための「西洋イベントの日本化」というイメージだが、チョコを通しての恋のコミュニケーションや、義理を果たすのも素晴らしい。

歯科だけにチョコと歯の関係も「チョコっと」考えたい。

しかし、これが意外と大変な作業だ。

砂糖が虫歯の発生源に変わりはない。「他の菓子と比べ、虫歯になりにくい。」という研究結果は報告されているが。

 

 とにかくチョコのポリフェノールの効果を期待するなら「ブラックチョコ」を食べること。

砂糖や油などの混ぜ物が少なく、カカオ豆をたっぷり使った高級チョコ(恋にもききそうだと感じています)

偏った食べ方もさける、一日に板チョコの半分50ℊ程度だそうである。

冬の寒い夜に、おやつや食後のデザートに、お茶と一緒に楽しむと秋田の冬も天国だと感じた今日この頃でした。

 

※チョコレートの原料の一つであるココアパウダーにはポリフェノールが多く含まれており、抗菌作用があると言われています。ですが、ほとんどのチョコレートには虫歯のもとになる砂糖も多量に含まれています。

食べ過ぎに注意して、歯磨きは忘れずに(^^)。

 

文:J ドナルドソン

このページの先頭に戻る