「歯科診療に関する基本的な考え方」を掲載いたします。【平成30年3月29日改訂・新規】【平成30年4月5日訂正】

「歯科診療に関する基本的な考え方」とは、臨床において適切な診断と治療を支援することを目的として、診断・治療等、診療の内容等についての最新の情報を、日本歯科医学会がまとめたものです。

① 歯周病の診断と治療に関する基本的な考え方

②-1 口腔機能低下症に関する基本的な考え方

 ↑ 口腔機能低下症に関する基本的な考え方正誤表 (平成30年4月5日訂正) 

②-2 口腔機能精密検査記録用紙

②-3 管理計画書

②-4 管理指導記録簿

③-1 口腔機能発達不全症に関する基本的な考え方

 ↑マーカー部の通り「診断基準」が変更となり、2つ以上該当するものの中で「咀嚼機能」が必須となりました。

③-2 指導・管理記録簿

③-3 管理計画書

④ レーザ応用による再発性アフタ性口内炎治療に関する基本的な考え方

⑤ 精密触覚機能検査の基本的な考え方

⑥ 高強度コンポジットレジンブリッジの診療に対する基本的な考え方

※本資料は平成30年3月29日現在のものです。

各種ガイドラインを掲載いたします。(平成28年4月追加掲載)

「「エナメル質初期う蝕」に関する基本的な考え方」及び「間接法を用いた軟質裏装材による下顎総義歯の裏装の診療方針」を追加しました。(平成28年4月)

このページの先頭に戻る