多目的・次世代多目的コホート研究とは

平成2年より日本人のがん、循環器疾患、糖尿病などの罹患率および死亡率を経時的に調査し、生活習慣病のリスク要因や科学的な予防法を明らかにする目的で多目的コホート研究(JPHC Study:Japan Public Health Center-based prospective Study)が国立がん研究センターを中心として20年以上行われました。多目的コホート研究において、歯科研究が実施されたのは平成17年であり、秋田県横手保健所管内の40~59歳の住民を対象として得られた歯科のデータを用いて分析を行っています。


また、平成24年より次世代多目的コホート研究(JPHC-NEXT Study、平成23年はパイロット調査を実施)が開始されました。全国で実施するベースライン調査の「生活習慣および食生活に関する質問票」の中に歯科関連の質問が3項目(自己申告の歯の本数、かみ合わせの状態、歯周病の経験の有無)入っています。平成24年から平成27年には、秋田県横手地域において40歳から74歳の住民を対象に、日本で唯一歯科のベースライン調査が実施されました。今後、5年毎の繰り返し調査およびフォローアップ調査を20年間行う予定です。


国立大学法人 東京医科歯科大学(TMDU)
大学院医歯学総合研究科健康推進歯学分野
准教授 植野 正之


多目的コホート研究


身長と歯の本数との関連について

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/7874.html


受動喫煙と歯周病のリスクとの関連について

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3687.html


出産回数と歯の健康の関連について

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3393.html


教育歴と歯の健康

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3028.html


歯周病原細菌感染と冠動脈性心疾患(CHD)

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3028.html


喫煙、禁煙年数と歯の喪失との関連について

http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/331.html


次世代多目的コホート研究


歯の本数と奥歯のかみ合わせに関する自己評価の妥当性について

http://epi.ncc.go.jp/jphcnext/result/individual.html?entry_id=43

このページの先頭に戻る